1. >
  2. 基礎化粧品の解説

基礎化粧品の解説

基礎化粧品とはスキンケアをするための化粧品の事を言います。

基礎化粧品には色々な種類があり、人それぞれ使用しているアイテム数は違うと思いますが、基本的には、洗顔後の清潔な素肌に化粧水→美容液→乳液→クリームの順に使用するのが鉄則になります。

「ライン使い」という言葉をよく耳にするかも知れません。

これは基礎化粧品を一つのメーカーで揃える事なのですが、本当はそこまでする必要はなく、バラバラのメーカーの商品を使用しても問題はありません。

自分の肌に合ったものをきちんとした順番で使う事が大切なのです。

基礎化粧品には それぞれが果たす役割があるので、使用する正しい順番があるのでしょう。

ここでは使用する順番に基礎化粧品の役割を解説してみたいと思います。

(1)化粧水

先ずは化粧水です。

洗顔は汚れと共に肌の保湿成分も落としてしまいます。

保湿成分を失った肌の角質層まで化粧水が浸透すると、その後の基礎化粧品も効率よく浸透します。

他の基礎化粧品は場合によっては省略しても良いですが、化粧水だけは洗顔後なるべく早く、必ず使用しましょう。

(2)美容液

シワやたるみなど肌トラブルが気になる場合には有効成分を補いましょう。

「保湿」や「美白」など目的別に商品があるので、不足している部分を集中的にケアする事が出来ます。

美容液を必要としない方は省略しても構いません。

(3)乳液

油分と水分がバランス良く配合されています。

保湿をしながら必要な油分も補ってくれます。

(4)クリーム

乳液よりも油分が多く配合されています。

これまでの手順で肌に与えた有効成分を閉じ込めるフタの役割をします。

以上が基礎化粧品を使用する正しい順番になります。

間違った順番で使用しても それぞれのアイテムが力を発揮してくれません。